なぜ悲しくなるの?精神的に未熟なの?~断乳・卒乳時の寂しい気持ち~

娘が1歳を目の前にして、

夜間断乳を試みた時がありました。

その時私には思っていなかった

現実が待っていました。

夜間断乳を試みたことで

昼間も娘が授乳を拒否

したのです。

夜間断乳試み1日目の後の朝

家ではもちろん公園でも

おっぱいを欲しがり、

飲んで幸せそうな娘を見て

心が揺れていました。

試み2日目の朝、

突然授乳拒否が始まったのです。

朝になっておっぱいを見せても

ぷいっと顔を背け

授乳を拒否し続けられました。

「夜間断乳」をしたかったのに・・・・・。

これでは完全に断乳になってしまう。

こんなはずじゃなかった・・・・・。

寂しい、まだおっぱい生活したかった・・・・。

実は私、相当泣きました(笑)

子どもの成長は時に、寂しくなる

ということを実感しました。

この気持ち、あまり周りには

理解してもらえませんでした。

実はこのような感情の変化は

ごく当たり前に起こりうることです。

■断乳・卒乳時に起こる悲しみの原因■

ホルモンバランスの変化

プロラクチン:母乳を作るホルモン 不安や、攻撃性、筋肉の緊張を軽減する作用があり、育児にプラスとなる。

オキシトシン:母乳を放出するホルモン 効ストレス作用、鎮静作用、愛着行動を促す作用、信頼する心を築く作用などがある。愛情ホルモンともいわれる。

これらのホルモンが急激に

低下することで、軽いうつ~うつ状態に

なる事は珍しいことではありません。

私は、結局、1歳前の夜間断乳は

このホルモンの動きにより

中断しました。

ホルモンの働きによるものだと

思っても、親のエゴで方針を

変えたことは相当反省しました。

でもね、反省する必要はないですよ。

月経前にイライラするのも

ホルモンの影響があるように

断乳や卒乳のプロセスでの

軽いうつのような状態は

起こりうることだということ

知っておいてください。

自分が未熟だからではありません。

急に断乳をすることで

悲しくて仕方がない方は

徐々に断乳をすることを

おすすめします。

私のように断乳を中止することも

一貫性を持って続けることも

どちらを選択しても

正しいのです。

断乳に困ったときはぜひ

お問い合わせください。

リソース

母乳育児支援講座:水野克己、水野紀子

Stopping Breastfeeding can lead to depression by Michele Zipp

#夜間断乳卒乳断乳うつホルモンバランスの変化

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square