Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

授乳中なのに生理がきた!~分泌が少ない時にできる事~

December 28, 2017

授乳中はプロラクチン(母乳分泌ホルモン)の影響で排卵が抑制されると言われ,

赤ちゃんがいつも側にいて母乳のみで育児している場合6 カ月未満では7パーセントの方しか

生理は来ないと言われています。ところが、私の場合はこの7パーセントで、

産後5カ月頃に生理が再開し、その時に母乳分泌の不足を実感しました。

 

 

 

 

【母乳分泌の不足を実感した理由】
*娘のお○っこの減少。
*胸の張り方が変わった。
*急によく泣くようになった

 

 

 

この理由として、

排卵後~月経開始1.2日目までは血中のカルシウム濃度が減少するにより、母乳の分泌が減る。

ということが考えられるようです。

 

ただし、授乳中に生理がきたからと言って全員の母乳分泌が減るわけではありません。

 

 

■月経により分泌の不足を感じたら■
カルシウムとマグネシウムのサプリメントを取りましょう。

 

 

カルシウムの吸収にはマグネシウムの摂取も大切です。またこのバランスが重要なため2種混合しているサプリメントがおすすめです。

 

 

カルシウム・マグネシウムの混合のサプリメントはどこの国でもわりと簡単に

購入できると思います。

 

このサプリメントは月経痛や生理前のむくみ感にも効果があるという報告もあるので

症状のある方はぜひお試しください。

リソース

https://www.jstage.jst.go.jp/article/mukimate1994/1/252/1_252_420/_pdf

http://www.llli.org/llleaderweb/lv/lvdec98jan99p128.html

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square