風邪をひいたら母乳は辞めたほうが良いの?

お母様が風邪をひいたときの母乳

お母様が風邪をひいたら薬を飲むから、近くにいたらうつるから母乳をやめたほうが良いかもしれないと悩むかたがいらっしゃるかもしれません。

母乳はやめる必要はありません。むしろ積極的にあげましょう。

風邪でも母乳をあげる理由 ■

1.母乳は栄養のみならず、免疫も含む。 2. お母様が風邪をひくと、その風邪と戦う抗体を母乳を通じて赤ちゃんに

与えることができる。 3. 母乳を分泌させるホルモンプロラクチンは、ストレス軽減作用があり、

   睡眠を促してくれる効果もある。

<お子様に関していうと>

母乳には免疫のもとである抗体が含まれ、お子様がいくつになっても母乳をあげる限り与えることが出来ます。

そのため、もともと母乳で育っているお子様は風邪にかかってもひどくなりにくいと

言われています。

          風邪にかかったら                  

風邪対策

1.休養 2. お部屋の換気・加湿 3. 栄養 4.マヌカハニー(消炎効果や咳に効あり)

この基本の4項目は風邪の時の特効薬です。ウイルスが原因の風邪には抗生物質は効きません。

体がつらい時は家事はお休み育児はほどほどにしてくださいね。

授乳も楽な体勢で行うのをおすすめします。

そして、ご自身の手は次亜塩素酸水で良く消毒をしましょうね。

この次亜塩素酸水はノロウィルス、ロタウィルスにも効果的で子どもの口に万が一入っても問題ありません。

具合が悪くても休みがないのが母業ですが、無理だけはしないでくださいね。先は長いですからね。

リソース:Breastfeeding may improve nocturnal sleep and reduce infantile colic: potential role of breast milk melatonin.

これでナットク母乳育児

https://kellymom.com/bf/can-i-breastfeed/herbs/natural-treatments/


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事